喪服で着物を着るときの髪型


着物のススメ

喪服で着物を着るときの髪型

喪服で着物を着るときの髪型 生活していく上でお葬式に参列する機会は必ず訪れます。突然のことに慌てないよう、どのような恰好をしたら良いのか知っておくことはとても大切です。
喪服で着物を着る時、髪は黒のシンプルなゴムやピンでまとめます。革製の小物は動物の殺傷を連想させるので、お葬式では着用しないようにしましょう。
明るすぎる髪色や、華やかなパーマも喪服にはふさわしくありません。ヘアスプレーなどを用いて出来るだけ黒くし、パーマはまとめて目立たなくさせましょう。
長い髪をまとめる場合、弔事では耳より下でまとめるのがマナーです。また、着物にはかからないよう、結ぶだけでなくきちっとまとめるようにしましょう。
着物に髪の毛を垂らすのはよくないとされているため、まとめた後おくれ毛がでないよう清潔感のあるまとめ方を心掛けてください。
また、まとめられるほど髪の長さがない場合は、ピンでとめるなどして髪が顔にかからないようにしましょう。
セットするのにスプレーなどを使う場合は、無香料のものを使うのがマナーです。

着物に合う髪型

着物に合う髪型 女性のヘアスタイルというのは、その人の全体的な雰囲気を決める大きなポイントとなる事があります。
ショートカットならボーイッシュ、流行のゆるふわヘアーなら女の子らしいなどです。
もちろん、印象や雰囲気はメイクやファッションも関係しますし、このへアースタイルにはこのファッションという決まりがあるわけではありません。
ですが、着物の場合はどうでしょうか。
こちらも決まりがあるわけではありませんし、最近の成人式などでみる女性のヘアースタイルは、年代によっては驚きを隠せない人もいるでしょう。
流行やモードと言ってしまえばそれまでですし、キャバ嬢のようなヘアースタイルで着物を着るのは若いうちにしかできません。
しかし、着物に本当に合うヘアースタイルはあるはずです。それは、着物の種類や色等にもよりますが、決して派手なヘアースタイルではありません。
髪飾りなどはその年代に合うものがありますが、基本的にはアップにしたり結い髪が合うのは言うまでもないでしょう。


Copyright 2016 着物のススメ All Rights Reserved.