和風美人な着物スタイル


着物のススメ

着物・浴衣は女性向けだけじゃない

着物・浴衣は女性向けだけじゃない 着物とか浴衣というと、女性に限られた装いと思いがちですが、男性もたまには着てみると、その良さが分かりますし、周囲の皆さんからは、男前を見直されることになるはずです。
いずれにしても、女性の着物や浴衣は着付け教室があるように、結構手間暇をかけて、それなりに着ないと様にならないとうことは確かです。
浴衣であればまだしも着物となると、間違いなく美容室とか心得のある人にお願いしなければなりません。
そこへ行くと、男性の着物や浴衣は、比較的容易に着ることができるのですが、女性のケースを思い出すと、ついつい面倒だということで尻込みしてしまうというわけです。
比較的容易ということもあるので、花火大会とかお祭りとか、お正月あるいは何かの行事に、おしゃれをしてみたらいかがでしょうか。
ご自身にもその良さが分かりますし、日本人としての自分が蘇るような気もするので、まんざらではないはずです。
また、周りの人も、粋などを感じますので、とても良い印象を持ってくれます。

着物・浴衣の着こなし

着物・浴衣の着こなし 日本人なら、着物・浴衣は着こなしたいもの。
とは言いつつも、自分で着るのが難しいのはもちろん、美容室などで着付けをしてもらったのに、帯が弛い、途中で着崩れてしまうなんていうこともありますよね。
もちろん、現在は作り帯などもあり、特に浴衣は簡単に着られるものも多いですが、せっかく着るならば飾り結びなどアレンジを加えて着こなしを楽しみたいもの。
そこで、心配なのが着崩れです。
帯が弛いというのは、きつく締めると着崩れないという意味ではありません。
一周目と二週目がピタリと重なって隙間がない状態にできれば、ぎゅうぎゅうと締める必要はないのです。
着物を着る機会には、歩き回る、食事をするなどの行動が伴うことが多いため、上手な着付け師に着せていただきたいものですよね。
お店で着付けていただくときには、ぜひ、店名と担当者を覚えておくようにしてください。
実際に動いてみて、着物を脱ぐときに、その日の着付けが良かったら、次回もその人にお願いしたいですね。
もしも、出先で帯が弛んでしまったときに持っていると便利なのがタオルハンカチとゼムクリップです。
一周目と二週目の間にタオルハンカチをはさむと弛さが改善されます。
もしも、帯がほどけてしまった時は、くるくると巻いて上下をゼムクリップで留めてしまってから、着付け直しができる場所を探すか、帯締めや帯揚げで自然な着こなしに見えるようカバーしてしまいましょう。


Copyright 2016 着物のススメ All Rights Reserved.